FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山上憶良に誘われて ー 11





もう入道雲は出ていません。

花虎の尾越しの、秋の空 ・・・

爽やかな一日でした。



スポンサーサイト

山上憶良に誘われて ー 10





薮萱草の八重ですかね。

中心部の雌ずい、雄ずい周辺を写してみました。



山上憶良に誘われて ー 9





クマバチがやってきました。

季節がかわって来たぞ! 栄養をしっかりつけないと ?

人の気配など気にせず、元気に飛び回っていました。



山上憶良に誘われて ー 8





秋の七草には、なかなか巡り会えません。

これは、黄花コスモスですかね。

鮮やかで少し派手な花を、はんなりとした感じに写してみました。



山上憶良に誘われて ー 7





アゲハチョウが、爽やかな秋風の中で花にたわむれていました。



山上憶良に誘われて ー 6





その紅いコスモスを、少しやさしく写してみました。



山上憶良に誘われて ー 5





これも、紅いコスモスです。



山上憶良に誘われて ー 4





赤い花なら 曼珠沙華 ~

と歌にもある様に、赤はやはりその代表でしょう。



山上憶良に誘われて ー 3





秋風が、決まって連れてくる花 !

彼岸花ですね。

曼珠沙華は、赤だけでありません。

白い曼珠沙華も咲いていました。



山上憶良に誘われてー 2





虫の音を 踏みわけ 行くや 野の小道

正岡子規の心境になります。

写真は、力芝( チカラシバ ) ですね。



山上憶良に誘われて ー 1





秋といえば『 秋の七草 』、

山上憶良が詠った詩がその七草を決めたと言われています。

萬葉集巻八の一五三八の詩がそれですね。

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 あさがおの花

あさがおの花は、桔梗だそうです。

さあ、秋に相応しい草花を探しに行きましょう。

写真は、狗尾草( ネコジャラシ ) ですね。



京都嵐山へ (5)





渡月橋を渡り、少し北へ行くとかわいいお地蔵さまが笑顔で迎えてくれます。

こんにちは、

おもわず手を合わせてしまいました。



京都嵐山へ (4)





チャコちゃんが、欄干に手をついて川上を眺めています。

この橋が渡月橋、上流は大堰川で下流は桂川と云うんだよね。

とつぶやいている様です。



京都嵐山へ (3)

moblog_3985e367.jpg


嵐山駅の構内には、足湯がありますよ。

旅の疲れを癒してくれるかも?

写真の車両は、紫色をしています。



京都嵐山へー(2)





四条大宮発の嵐電は、終着駅嵐山へと運んでくれます。

写真の車両は、嵐山の山並みにいだかれたイメージで緑色です。



秋風爽やか京都嵐山へ





マイカーで行くのもいいが、

嵐山と言えば 嵐電 ( 京福電鉄嵐山線 )がお奨めです。

市街地をのんびり走る雰囲気は京都らしさを感じさせてくれ、私は大好きです。

この車両はパトカーをイメージした嵐電「パトトレイン」と言います。

他にも楽しいデザインの車両がいくつかありますよ。



雨が上がった。花探しだ・・・ あれ?





花を探しているうちに、珍しや!

リンゴを見つけました。

大阪の街中でリンゴの木を数本。

嬉しくなりました。

ただし、写しただけで頂いてはおりませんから。

念の為。



雨が上がった。花探しだ。(3)





またまた、ペンタスを見つけました。

度々スイマセン・・・



雨が上がった。花探しだ。(2)





チェリーセージですかね?

小さくても背筋をピーンと伸ばして、

見て!見て!と小声で叫んでいるようでした。



雨が上がった。草花に会いに行こう。





この時季、千日紅をよく見かけます。

その中でも赤い千日紅は宝石の如く輝いて咲いていました。



大鳴門橋の夕景





陽が沈み、静かに暮れていく " せつない " 感じが、若い頃から好きです。

時間よ とまれ と叫びたくなります。




鳴門海峡と夕陽





うず潮は 残念ながら見られませんでしたが、

入り日は静かにゆっくりと観せてくれました。




チャコちゃん の 阿波踊り

うずのゆ



昼食後、島の北端から南端の鳴門岬まで一走り、

いやフタハシリ、

足湯「うずの湯」にやって来ました。

まずは、足湯に浸かり疲れを取り、道の駅うずしおの展望台へ。

夕陽に照り映える 大鳴門橋が、流れるように四国へと続いていました。

チャコちゃん、初めての処と大喜びで走り回り、思わず" 阿波踊り " ?



道の駅 あわじ にて





道の駅 あわじ の真上を 明石海峡大橋 が

" どうだ? " と言わんばかりに走っていました。



淡路島と言えば " 生しらす "





あわじ花さじき から 道の駅あわじ に戻り、昼食。

淡路と言えば、しらす丼!

チャコちゃんもgosyoubann .

" おなかすいた!はやく食べようよ"



ブルーサルビアとヒメシバ





行き会いの空とは言い難い夏雲が水平線を囲み

暑い晩夏の一日が始まっていました。

しかし頬を撫でる海からの風は、

清々しい秋そのものを感じさせてくれました。



赤いサルビア





赤いサルビアは、11月半ば頃まで咲いているそうです。

遥かに大阪湾がかすみ、空の碧とひとつになって輝やいていました。



サルビアとチャコちゃんと家族





明石海峡から、少し南にある " あわじ花さじき " にやって来ました。

赤いサルビア、ブルーサルビアが、今を盛りと丘一面に咲きほこっていました。

でも、チャコちゃんは花より団子のようです。



チャコちゃん親子?





チャコちゃんが、いちばん元気で走り回っていました。



解散! 撮影開始





橋を渡り、淡路サービスエリアへ。

現地解散!

撮影開始。

これは、いつものパターン。



プロフィール

eirian.s

Author:eirian.s
晴歩雨読 and photoブログへようこそ。

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。