FC2ブログ

海 と ゆり の花 ~3

大阪湾舞洲 ゆり園 の締めくくりです。

夕日に照り映える ゆりを眺めながら、花言葉を思い出していました。

純真で純潔、時には甘美で一途、人を想う代表格の花ではないでしょうか。

少しもの悲しい、夕時の空と海と百合の花を眺めて下さい。

大阪湾をほんのりと照らし、今しも六甲山の彼方に沈みゆく入り日です。







ここからは、夕日に微笑んでいた百合を数枚アップしてゆきます。































「 間もなく終園時間です 」の案内に、ふと空を見上げると

紺碧の遥かな彼方に、旅客機でしょうか、一条の雲を残し

西から東へ消え去って行きました。







「 海と ゆりの花 」は、これで終ります。







スポンサーサイト



海とゆりの花 ~2

「 海とゆりの花 」の続きです。

今回は、マクロを含めて近撮を数枚アップしたいと思います。










次もマクロでオレンジ色のゆりの花です。







ここからは、近撮を4枚アップして今日は終ります。


















今日はこれで終ります。

明日以降は夕方近くの写真をアップしたいと思います。

海とゆりの花

先日、海と百合の花をみて来ました。幼い頃、よく親父が魚釣りに連れて

行ってくれた大阪湾--- 遠い昔の面影は残っていませんが、そこには埋め立てで

造られた舞洲があります。その洲の北岸沿い、約5ヘクタールの敷地には

200万輪を越す百合の花が、青い空と海に抱かれて咲き乱れていました。

その姿のコントラストやグラデーションに取り憑かれているうちに、

西陽が海の彼方の六甲山に、静かに沈んでいく時間になっていました。

今日から数回に分けて、何枚かをアップしたいと思います。

先ずは、海を臨む写真を数枚アップしますね。











遥かに阪神高速5号湾岸線が臨めます。





夢の国のような塔、実は大阪市環境局舞洲工場のタワーなんですよ。












花は咲く春へ (5)

" 花咲く春“ の延長戦です。(ひつこいかな)

大阪府内には 府管理の緑地公園が18箇所あります。

今回は、その中の一つで仁徳天皇陵に近い大泉(おおいずみ)緑地公園へ

行って来ました。もちろん花見が一番の目的ですがね。


先ずは 一緒に花見を楽しんだ 、チャコちゃんからアップしていきます。











園内をぶらぶらしていると、白い桜花が目を引きました。

淡いピンク色だけが 桜花ではありませんよ。私たちも観てね---と

ささやいているようでした。







葉桜も見受けられる中、有終の美を飾らんと 咲き乱れていました。







春爛漫! 峠を越えた優しさが---







優しく鮮やかな花も、時には妖艶に感じることがあります。

花も色気を滲ませているんでしょうか⁉







広い公園をぶらついたので、チャコちゃん 、少し疲れたよ~






大泉緑地公園は、ここでおしまいです。

花咲く春へ (4)

花見ばかりじゃありません。行って来ましたよ---ハルカス へ!

地上300m、百貨店や国際ホテル、美術館、サテライトキャンパス

などの諸施設を備え、60階の天上回廊からは、大阪平野が遥かに

見渡せ、眼下には 聖徳太子ゆかりの四天王寺や天王寺動物園、

大阪市立美術館、通天閣などが眺望できました。

先ずは16階までエレベーターで上がります。天空への予行演習ですかね?

そこには、「ハルカス」の名前の由来「晴れ晴れとさせる」60階の

天上回廊へいざなうエレベーターが待っていました。

その写真からアップしますね。









あっという間に60階に到着‼









西に六甲山のやまなみ、東を見れば 生駒の山々が、おいで、おいでと

囁いている様で 眼下のビル群は、まるで箱庭そのものでした。









夕陽に映える大阪湾を、感動と感嘆につつまれ 暫く飽きずに眺めていました。










高さ100mの通天閣は、ハルカスに向かって遥かな下から「よう!後輩‼

元気やな~ 」と威張っている様に輝いてみえました。

ハルカスは、これで終ります。












プロフィール

eirian.s

Author:eirian.s
晴歩雨読 and photoブログへようこそ。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク